So-net無料ブログ作成

【PR】ナースフルで高給与、好条件の看護師求人を探す

看護師求人 復職 ブログトップ

看護師求人 復職 サイト [看護師求人 復職]


現場を離れて復職に不安を持つ方は復職支援セミナーを活用されるといいですよ。



多くは病院で開催されていますが、

「いつ」、「どこ」で開催されているのかの情報は掴みにくいものです。

各種の求職支援サイトでは、そのような情報も豊富に収集しています。



まずはどこかのサイトに登録して、このような復職支援セミナーの情報を

自分に回してもらえるようにしておきましょう。



復職を実現して先輩の感想なんかも聞けるといいですね。



支援サイトをみると先輩たちが、自分と同じように不安を抱えながらも

復職を成し遂げた経緯などが載っていますので勇気づけられますよね。

  応援ポチッとお願いします。(*^^*)
↓  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

看護師求人 復職 ブランク [看護師求人 復職]

出産などで離職した看護師は、その後の医療制度の変化についていけるか不安を抱えて復職に二の足を踏んでしまいますよね。

事務職と違い、看護師は専門の技術職。

ブランクがあっても、年齢を重ねても就職先はまだまだありますよ。



日本では看護師の国際開放をしてまで人材を確保しようと必死なんです。

急性期病院ではこれまで以上に患者さんにあたりの看護師の人数が増えて行きますし、重症で無くても高齢から看護が必要な方も増えて行きます。

そういった事情もあり、ブランクを埋めるための研修制度も充実して来ています。

不安でブランクが不安で復職をためらうなんて勿体無いですよ。



一方、夜勤勤務や昼間の拘束時間は家事や育児を抱える方には大きな不安材料になります。

そういった方のために託児所を充実した病院も増えており、夜勤の負担を減らすべく、非常勤で夜勤専従の看護師を雇っている病院もあります。



働き口は病院に限りません。

病室を持たないクリニックでは日勤常勤の募集もありますし、美容系クリニックでは健康に深刻な問題を抱えているわけではありませんから精神的なプレッシャーも少ないですよ。



また、医療系以外でも老人ホームや保育所、企業内相談として看護師を募集しているところもあります。

多様な勤先が存在するのも看護師ならではですので、是非、多くの求人情報を集めて、あなたに最適な復職先を見つけてください。



看護師求人の紹介サイトに相談すれば専門のキャリアコンサルタントがあなたの希望やキャリアを考慮した復職先を紹介してくれますよ。

こちらは後から後悔したり転職を繰り返したりしないで済むよう活用をオススメします。

応援ポチッとお願いします。(*^^*)
↓  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

看護師求人 復職 [看護師求人 復職]

illust305_thumb.jpg復職したいと思いつつ、ブランクからくる不安から思いとどまっているのなら、ぜひ具体的な行動をおこして、復職を実現させてくださいね。


少子化で新人看護師が減少する中、高齢化・高度医療の推進で看護師の需要は増して来ています。机上や実施では学べない現場で培われた経験を ぜひ復職して活用し、継承して欲しいのです。


急性期病院では7:1看護が主流となり基準を満たすために看護師募集をかけている病院がたくさんありますよ。

人材確保のために託児所や研修など厚生や復職支援にも積極的です。


一方、老人ホームや保育所にも看護師を配置する施設が増えてきました。

身体的負担や生活リズムへの影響が大きい夜勤が無く日勤常勤で働ける職場が増えているんです。

さらに、美容系のクリニックやサロン、企業内で看護師として働くケースもあります。



ブランクにより、

「最新医療へ着いていけるか」

との不安や育児や家事との両立に不安を抱えている方も、一度 看護師求人の紹介業者に相談されてはいかがでしょう。

多くの求人情報と病院の実情に精通するスタッフが、あなたに合った復職先を紹介してくれるはず。


何も行動しなければ、何も変わりません。

相談されて紹介される先にまだ不安が残るようでしたら、一つ一つ不安材料を整理して解消して行けば良いのですから。

漫然とした不安がが具体的になるだけでも解決の糸口が見えてくるものです。


現役時代に培ったあなたの知識と経験は、若い看護師が抱える不安を解消するのにとっても役立つはずです。

あなた自身のためだけで無く、これからの医療を支える若いスタッフ、医療を必要とする患者さんのためにも是非、前向きに復職を検討されますようお願いします。


応援ポチッとお願いします。(*^^*)
↓  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
看護師求人 復職 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。